日焼け対策で腕を絶対に焼かない方法とは?○○だから大丈夫は間違い?

日焼け
Pocket

 

夏といえば日焼け。

 

日焼けといえば、

皆さんはどこが一番気になりますか?

 

私は腕です。

 

顔はもちろんですが、

腕が日焼けしてしまうのも

絶対に嫌です。

 

皆さんは腕の日焼け対策は

どんなものをしていますか?

 

長袖を着るから

大丈夫!

なんて人、

多いんじゃないでしょうか?

 

ところが!

長袖を着ていても

日焼け対策にはなりません。

 

全く効果がない、

ということはありませんが、

ほとんど効果はない、

くらいの対策でしかないんです。

 

本日は正しい腕の

日焼け対策を紹介します!

 

日焼けは気になるけど、

いつも長袖を着るだけで

対策した気になっていた皆さん。

 

半袖を着たいから

正しい日焼け対策を知りたい!

という皆さん。

 

この記事を読めば

この夏は腕の日焼け対策バッチリ!

 

夏が終わったあと、

白いままの腕を

友人・恋人に

自慢できますよ!

 

腕の日焼け対策

 

 

腕の日焼け対策として有効なのは

やはり、日焼け止めクリーム。

 

腕にしっかりと

日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

おいコラ、まんまじゃねーか

と言われてしまいそうですが、

日焼け止めクリームを超える

日焼け対策はありません!

 

腕の日焼けで注意したいのは

服だけでは日焼けは防げないということです。

 

もちろん、アームカバーも

夏の日差しの前には

多少のの効果は期待できます。

 

長袖を着ているから

日焼けは大丈夫、というのは

大きな間違いです。

 

日焼け対策をしているのに

腕を日焼けで黒焦げに

してしまっている人は

ほとんどがこの罠に

ひっかかっているのです。

 

ただの服に使用している布に

紫外線を防ぐ効果はありません。

 

直射日光を遮れても

肌は紫外線だけで

こんがりと焼きあがってしまいます。

 

紫外線対策がされている、

と謳っているアームカバーも

日傘のようにガッツリ紫外線カットが

できるわけではないのです。

 

ですので、

腕の日焼け対策はズバリ、

日焼け止めクリーム&アームカバーの

2段構えがおすすめです。

 

ただ、アームカバー単体で

日焼け対策できないだけであって、

直射日光を防ぐという効果はあります。

 

アームカバーで直射日光を防ぎ、

日焼け止めクリームで紫外線を防ぐ。

 

さらに、アームカバーで

服と擦れて落ちてしまいがちな

日焼け止めクリームの

保護もできます。

 

これさえやれば

夏の日焼けの対策もバッチリです!

 

さて、重要なアームカバーですが、

どんなものが良いのでしょう?

 

直射日光を遮る役割なら

やはり黒?

それとも白?

紫外線対策付きの方がいいの?

 

そんな疑問を

次で氷解させますよ!

 

アームカバーの選び方

 

 

スポンサーリンク

色が関係している!?白より黒がいい!

まずは色です。

色はデザイン的には明るめが良いですが、

効果があるのはより黒に近い色なんですね。

 

一番良いのは黒です。

黒は白と比べると紫外線の遮蔽率が高いという実験結果がでています。

 

ただ黒のデメリットとしては、

黒は熱を吸収します。

 

小学生の頃、理科の授業で

黒と白の紙のどちらの方が

より温かくなるか、

という実験をしたことを

覚えている人もいるかと思います。

 

黒の方が日差しを浴びて

温かくなりやすいという結果で、

黒は熱がこもりやすい色でした。

 

なので教室のカーテンは熱がこもらない

白色が使われていたのも実は意味があったわけですね。

 

黒は紫外線の遮蔽率が高くても熱がこもりやすい・・・。

ということで日焼けか熱かのどちらをとるかですね!

 

アームカバーの素材にも違いがある?

 

続いてアームカバーの素材にも紫外線遮蔽率の違いがあります。

 

綿・ナイロン・レーヨン・羊毛・ポリエステルといった

いろんな素材が商品には使われていますが、

この中で遮蔽率が高い順は

 

ポリエステル>羊毛>綿・レーヨン・ナイロン

 

となっていて、アームカバーには

ポリエステルか綿素材が使われているものが多いですが、

この順番を見る限りではポリエステルの素材のほうが

綿よりも紫外線遮蔽率が優れていると言えますね。

 

つまりポリエステルのアームカバーが最強ということですね!

 

UVカット加工はどうなの?

 

次にUVカット。

こちらは、、、どっちでも良いです。

 

本当におまじない程度なので、

ついていてもいなくても

どちらでも構いません。

 

黒以外におしゃれなアームカバーがいい人のための

UVカット加工選びといったところでしょうか。

 

UVカットの処理が施されていても

経年劣化しますので

買った当初と一か月後では

UVカット効果も天と地です。

 

なので、本当にどちらでも構いません。

 

さらに言えば、UVカット効果が施されているかどうかよりも

布に厚みがあり、生地の繊維や密度が細かいほうが紫外線カットをより

しっかりしてくれるみたいです。

 

最終的には着け心地!

 

紫外線遮蔽率の高い色や素材などについて

いろいろ話してきましたが結局のところはここに落ち着くと思います。

 

つまりアームカバーに求めたいのは

ズバリ、着け心地です。

 

アームカバーは合う合わないがあります。

素材や長さなどによっては

つけているのが辛いくらい

腕や体質に合わないものがあります。

 

そうならないためにも

自分の腕の好みのアームカバーを

購入しましょう。

 

どんな素材が良いかは

使ってみなければわかりません。

 

基準としては今まで説明してきた

黒色でポリエステルの素材で出来ている

着け心地のいいアームカバーを基準に

いろいろなアームカバーを

試してみてください!

腕カバー 防水 ロング アームカバー ガーデニング ラッピング 軽作業 水仕事 掃除 水産加工 農作業 シンプル A-300 防水腕カバー【メール便対応】

価格:580円
(2024/5/31 23:48時点)
感想(1件)

まとめ

 

・日焼け止めクリーム+アームカバーで日焼け対策

・アームカバーは黒でポリエステルが使われている着け心地のいいもの!

UVカットはあってもなくてもOK

 

 

日焼けするのは絶対に嫌、

だから長袖を着ているの、

なんて女性が陥っている

腕の日焼け対策の落とし穴。

 

この記事を読んだ皆さんなら

もう落とし穴には

ひっかかりませんね。

 

この方法で

腕を日焼けさせずに

夏を乗り切りましょう!

 

ただし、アームカバーをつけていても

日焼け止めクリームは徐々に落ちてしまいます。

 

こまめに塗り直しましょう。

 

その他日焼けに関する記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました